HEMS 比較

HEMS(ヘムス)を徹底比較しています。

HEMSを徹底比較しています。

 

HEMS商品の比較は、イマイチ分かりづらいですので当サイトでは、HEMS商品を分かり易く徹底比較しています。

 

※現状は、情報収集していますので今しばらくお待ちください。

 

HEMSとは?

HEMSはHome Energy Management Systemの頭文字で意味は家庭で使用するエネルギーを節約し管理するシステムということが出来ます。このシステムの仕組みとしてはエネルギーの見える化とエネルギーの制御の2本立てで、使用しているエネルギーを見えるかして把握する為に分電盤と測定装置を設置しリアルタイムでエネルギーの使用量を知ることが出来るのです。

 

あと電力会社の電力をそのまま使用するのではなく家庭用蓄電池に電気を蓄えることでピークカットとピークシフトを行うことが可能になります。

 

それではHEMSのメリットについて説明したいと思います。電力の使用がはっきりとした形で分かるようになります。エネルギー量を数値で把握するといった意味があるだけではありません。前日や先週といった数値と比較することが可能なので省エネ・節電のモチベーションがアップし積極的に行うことが出来ますし、すぐに数値として反映するのでアレコレ試行錯誤して試してみるといいでしょう。

 

さらに電力だけではなくガス・水道・電気自動車に連携もできますし、電化製品の自動制御が行えるので家族で楽しみつつ省エネを行うことが可能ですし、夏の昼間といった電力需要のピークカットやピークシフトが手軽に行えるのが魅力です。

 

来年から始まる新電力に期待

 

 

来年4月に一般家庭への新電力が解禁されますが、各社は制度が始まる前から競争を繰り広げているようです。新電力ってなに??という人も結構たくさんいますが、これは従来の電力会社とは別の電力販売会社のことです。今までは東京電力や関西電力の地域独占が認められていましたが、これが4月からそれ以外の電力会社にも認められるようになりました。

 

 

 

 でも新電力といっても、新しい電力会社が発電所を建設するわけではなくいろいろな発電所などから電気を調達して一般家庭に販売する卸売業のような業態になります。

 

 発電所は今でも電力会社だけではなく、ガス会社が運営していたり、製鉄所が製鉄の時に発生する熱で発電していたりしますので、こうしたものを仕入れて一般家庭に販売する業態を取ります。また電柱や電線は従来からのものを使いますので、新電力と契約したからといって何かが変わるわけではなく、契約先が変わるだけです。ですので電気の質が落ちたりということはありませんので、安心してください。

 

 

 

 そんな新電力ですが、従来からの電力会社も値下げを検討したり、携帯電話会社と提携して一緒に契約すると割引をしたり様々な対策を検討していますので、電力料金が大幅に下がると言うことはあまり考えられません。でも日本は先進国の中でももっとも電力料金が高い国の一つですので、少しは安くなるのではないかと考えられています。震災以降高止まりしている電気料金が少しでも安くなるといいですね。