HEMS 比較

新電力のメリットとデメリット

自宅での生活を送るときや、会社を経営する上で非常に重要なのが電力です。電力がないと、全ての電化製品を動かすことができなくなりますので、生活や仕事がとても不便になってしまいます。外を見ても、信号を動かしているのは電力ですし、病院では維持装置などは電力で動いていますので、非常に重要なものになっています。現在では、人の生活には電力が必ず必要だと言っても過言ではありません。電力を得るためには、以前までは大手の電力会社から得る方法しかありませんでした。地域によって大手の電力会社は決まっていますので、基本的にはその電力会社が決めた電気料金を支払うことが一般的でした。この状態は、選択肢がほとんどないことになりますので、料金が不満だったとしても従う他ない状態でした。しかし、現在では新電力を利用することができます。新電力という言葉は初めて聞いたかもしれませんが、簡単に言うと新規参入した電力を提供している事業者のことです。現在では、大手の電力会社以外にも、これらの新電力の会社から電力を購入することができます。新電力にはメリットとデメリットがあります。新電力の大きなメリットは、電気料金が安くなるということです。大手の電力会社だと、電気料金にはコストが上乗せされますので、社会情勢などによっては電気料金が大きく上がってしまうことがあります。新電力の会社なら、大手の電力会社ほどコストが必要ありませんので、基本的な電気料金が下がることになります。新電力のデメリットとしては、必ずしも電気料金が下がる訳ではないということです。大手電力会社にも、電気料金についての色々なプランがあります。このプランの中にはお得なものもありますので、そのプランから新電力に変更しても、それほど電気料金が安くならないこともあります。また、オール電化を導入している住宅なら、オール電化用のお得なプランを利用していることも多いので、新電力に変更する料金的なメリットは少なくなります。